気づかないうちに起きているかもしれない「副腎疲労」!

接骨院sasukene の副腎疲労施術

副腎疲労ってご存知ですか?

須賀川市の接骨院sasukeneの副腎疲労治療

副腎とは腎臓の上にある臓器で、
脳からの指令に応じてさまざまなホルモンを分泌し生体を維持しています。

ストレスがかかったり、炎症が起きたりすると
副腎は体を守るためにホルモンを分泌するのですが、、、

ストレスがかかりっぱなし、

炎症がおこりっぱなし、

の状態になると副腎が疲れてしまいます。

最終的に副腎が疲れすぎてホルモンを出せなくなってしまう状態を
「副腎疲労」といいます。

副腎疲労が起きるとストレスと炎症の調整がきかないため、
たちくらみ・うつ・不眠・生理痛などさまざまな症状が起こります。
更年期症状といわれている症状も副腎疲労で起きているものもあるかもしれません。

そういった症状を「副腎疲労症候群」と呼びます。

副腎疲労症候群チェックリスト

以下は副腎疲労で起こる症状の代表的なものです。当てはまるものがあるかご覧ください。

・十分寝ているのに疲れが取れない。
・ベッドから起き上がれても動き出すことがむずかしい。
・朝、起きられない。起きるのがツライ。
・目覚ましが鳴っても起き上がることができない。
・塩分が無性に欲しい。
・しょっぱいものに更に塩やしょうゆをかけてしまう。
・いつもいつも疲れている。
・前は楽しかったはずの事でも疲れてしまう。
・ストレスに対処できなくなった。
・以前は気にならなかったことが気に障る。
・毎日をやっとの思いで過ごしている。
・日常的なことがとても疲れる。
・ケガや病気が治るのに時間がかかるようになった。
・風が治るのに1ヶ月、切り傷が治るのに数週間かかってしまう。
・性欲が低下した。
・セックスする元気が出ない。
・うつ症状がある。
・人生に意味を見出せない。
・立ちくらみがする。
・椅子やベッドから立ち上がる時くらくらする。
・PMSが強い、悪化した。
・のぼせ、疲れ、イライラがある。
・何をしても楽しくない。
・楽しいことが一つもない。
・興味を持てない。
・考えがまとまらない。
・優柔不断になった。
・食事を抜くと倦怠感などの症状が悪化する。
・コーヒーやお菓子を口にしないといられない。
・以前より、我慢が効かなくなった。
・些細なことで怒りが爆発するようになった。
・記憶力が低下した。
・記憶があやふやになることがある。
・仕事や生活の効率が落ちた。
・何かとはかどらない。
・体力気力の低下を感じる。
・朝は調子が良く、午後でもなんとか動いているが、夕食後(夕方以降)は元気になる。
・カフェイン(コーヒー・エナジードリンク)や煙草を欲する。
・カフェインがないと頑張れない。
・カフェイン摂取でモチベーションを維持している。

接骨院sasukeneでできること

腰痛や肩こりをはじめ、生理痛や不妊などあらゆるご相談があるのですが
その症状やお悩み、不調のベースに「副腎疲労」が起こってしまっているケースも少なくありません。

整体施術で、骨格や筋肉、内臓の調整を外部からのアプローチを施すと同時進行で
食事の改善やサプリを使って内部からのアプローチをしていきます。
(その際の改善の指針として血液データを参考にさせていただきます。※解析説明はいたしません)

具体的にどんな食事療法をおこなっていくかなどご興味のある方は
下記バナーよりLINE@へお進みいただきご覧ください。

副腎疲労(軽度)を改善された宮川さまのお声も記事最後に載せておきますのでご参照ください。

※バナーをクリックして登録に進めない場合は
https://lin.ee/3lZjtok こちらからご登録下さい。
登録後、タイムラインを見ていただくと記事をご覧いただけます。

過去の記事には

・糖質のお話
・のむシリカ考察
・小麦(グルテン)のお話
・牛乳(カゼイン)のお話
・におい過敏と血液のお話
・運転姿勢のお話
・寝違え・寝起きの不調のお話
・各種グルテンフリークッキング


etc.

盛りだくさんの健康情報を掲載しています。
※LINE@のみに執筆

副腎疲労を改善された宮川さんへのインタビュー

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。