寝起きの痛みの原因の9割はコレ!

寝起きの痛みの原因

朝、起きたら、、、痛い!

あなたも経験したことがあるのではないでしょうか?

起きたら、首が痛くて動かせない。
起きたら、腰が痛くて起き上がれない。
起きたら、背中が痛くて動けない。
起きたら、だるさがスゴい。
起きたら、肩が動かない。・・・

そうです。一般的に「寝違え」で片づけられてしまっている症状です。

そんなときに、あなたはこう考えたはずです。

昨日、なにかやったっけ?という思考。

なにかしら原因となったであろうことを考えるでしょう?

重い荷物を運んだな、そういや。

とか、

草むしり、めっちゃがんばったな。

とか、、、

なにか、いつもとは違う行動がなかったかと振り返り始めますよね。

それでも確定的な原因が見つからないときに
いき着くのは、、

あ!枕が合っていなかったんだ!

とか、

マットレスがへたってきたからだ!

といった寝具への疑惑。 

こんな思考から
じ〇ん枕、とかセブン〇ピローとか買ってしまって、
結局、改善がない!!
なんてパターンに陥るかたが多いですね。

1割以下の原因で悩むのやめましょ!

よっぽど、日頃から体を動かしていない人が急に激しい負担のかかることをしたならそれが原因です。

いきなり、こどもの運動会で競技に参加した

とか、

引越しの手伝いで大型のものを運んだ

とか、

スノボや登山をしたとかね、、、

きっとあなたは違ったはずです!

何気ない日常の中でいきなり!襲いかかってきたんじゃないですか、その痛み。
だから原因がわからずに困っているんですよね?

使い慣れてる寝具がいきなり牙をむくわけがないじゃないですか。
枕もマットレスもあなたを守る気満々ですよ!

思い出してください!こどもの頃を。

どんな寝具だって快適に眠れていたじゃないですか。
そりゃ、ホテルや親戚の家など環境の違いで寝つけないことはあっても朝はスッキリしてたでしょう?

身体が整っていれば寝具を選ばないんです。

寝具を裏切ったのはあなたなんですよ。

重大なミスから目をそらしちゃダメですよ!

痛みが発症した前夜、もしくは前日にあなた自身がおこなってしまった重大なミス!・・・

それこそが何気ない日常を壊す恐ろしい「寝違え」「起床時不調」を引き起こした原因なのです!
骨格の「ゆがみ」とかではないですよ。

その原因となった事象は大きく2つあります!!

原因も!解決法も!接骨院sasukeneのLINE@に載せました。

読み流して実践しない人は読む時間が無駄になりますからここには書きません。

寝違えや寝起きの不調で本気で悩んでいるあなた。
もう何年も寝起きがスッキリしていないあなた。

あなたのためにまとめた記事です。
ぜひお読みになって実践してください。
そして、いくらでもご質問くださいね。ご来院いただかなくてもアドバイスのみで解決できるならそれが一番ですから。

下のバナーよりお進みください。

寝違え、寝起きの痛みや不調の原因の9割はコレ!

※ご質問には24時間以内になるべく早くご返信いたします。


寝相について知りたい方はこちら▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。