自分がどんな寝相で寝てるか知っていますか!?

寝相でどこが悪いか予測できますよ。

腰痛にしろ、肩こりにしろ、五十肩にしろ、
原因の一つに生活習慣があります。

生活習慣

今まで生きてきた中でできたクセのようなもの
なので、改善するのは一苦労です。

その中でも
直せるモノ
直せないモノ
の線引きがあります。

たとえば、
食習慣や入浴習慣などは自分の意思のみで
変えれるので直せる分野です。

姿勢が悪い。
猫背。
こういったものは、意識するだけでは直らない。
だって、内臓や筋肉、骨格の不調部分をかばうために
体が勝手に補正してそうなっているから。
 ※本人の意思とは別におこなわれている

つまり、
自己意思のみで変えれないものってのが
厄介なものなんですよね。

そういったものの一つが
寝相

寝てる時に、意識は働きませんからね。
あ~、丸まって寝ちゃった!真っ直ぐになろう
なんて急に目覚めるなんてないですよね。

目が覚めた時の寝相を自己確認
もしくは
同居の方に聞いて自分の寝相を知ってください。

寝相ごとの大まかな体の状態を
以下にまとめます。

あなたの寝相に該当するものがあるか
チェックしてみてください。

寝相CHECK

横向きでひざを曲げる ~腰が悪い

横向きで背中を丸める ~消化器の調子が悪い

ひざを抱える ~悩みがある

ひじを抱える ~呼吸器の調子が悪い

うつぶせ ~消化器の調子が悪い

うつぶせで片足のひざを曲げる ~ストレスがある

バンザイしている ~肩、首、目、手が疲れている

右手を上げている ~肝臓が疲れている

左手を上げている ~胃や膵臓が疲れている

どうでしたか?
なにか当てはまりましたか?

該当したからといって
イコール病気という意味ではないですよ。

ただし、
内臓に負担がかかっていたり、
内臓が弱ってしまっていたり、
という状態が慢性化すると
内臓自体の歪みが起きて
全身に歪みや不調を作ります。

さらにそれが慢性的になれば、
内臓自体の病変にもつながりますし、
重度の腰痛や各種症状にも進みます。

今のあなたの寝相状態から、
不調部位を特定して知っておくことで
予防や改善は進めれますのでチェック結果を
意識してお過ごしくださいね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。